空腹時 | 精力剤のバイアグラの基本知識

空腹時

健康な時はいいのですが、何かの制限がかかると、それがとてもストレスに感じることがあります。
例えば、「明日は胃カメラを飲むので、夜の21時までに食事をすませておいて下さいね」と言われたとします。夜の21時に食べないのは、たいしたことではありません。しかし、実際に言われた方からすると、意外なほどストレスやプレッシャーを感じてしまうものなのです。

これはバイアグラを服用する時でもそうですが、空腹時でないとバイアグラを飲めないからといって、服用する2~3時間前にお腹いっぱい食べていると効果が薄くなる場合があります。
特に、油ものは腸管内に油の膜を貼ってしまいます。そうすると、せっかくのバイアグラの成分が吸収されにくくなってしまうのです。バリアがある状態ですから、成分は吸収されず、せっかく時間を置いたのに効果が薄かった・・・ということになりかねません。

そのため、そこまで神経質になる必要はありませんが、効果を期待する時は食事のとり方に十分注意する必要があります。
最低2時間以上空けるのがベストですが、かといって2時間空けたらなんでも食べていいというわけではありません。服用後はお酒も控えた方がいいです。
こうした注意点を守っていれば、今まで以上にバイアグラの効果が発揮されるかもしれません。薬は食後に飲むものというイメージがありますが、バイアグラに関しては空腹時に飲むことで効果が期待できるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加